【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBA第23週は24日に終了し、西カンファレンス南西地区で47勝27敗の首位ロケッツがプレーオフ(PO)進出を決めた。渡辺雄太がツーウエー契約を結ぶグリズリーズはPO争いから脱落。北西地区で49勝23勝の首位ナゲッツはPOを確保した。太平洋地区でレーカーズはPOを逃した。

 東カンファレンスは中地区で45勝29敗のペーサーズがPOに進出。南東地区はヒートが36勝37敗でリードしている。