山梨学院が力強いスイングで圧倒し、大会記録に並ぶ24安打で24点を奪った。一回に菅野の先制本塁打から四球を挟む5連打があり、野村の3点本塁打などで10点。二回にスクイズ成功と大量リードでも攻め手を緩めず、八回は野村のソロなどで5点を加えた。

 札幌第一は山田が一回途中で降板し、救援した投手陣も球威不足で打ち込まれた。