【上海共同】中国・上海市で28日夜、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の実物大立像の頭や手が動く迫力ある演出がお披露目され、詰め掛けた人々が歓声を上げた。海外に初めて設置された実物大ガンダムで、今後は毎日動くという。

 立像は高さ約18メートルで、中国でも人気がある「フリーダムガンダム」。4月下旬に開業した大型商業施設「ららぽーと」の屋外に、アニメ制作会社「サンライズ」などが設置した。施設の大型モニターに映されたアニメのせりふや音楽に合わせて目が光り、頭部や手首がゆっくりと動いた。

 サンライズ上海によると、29日からは日中の1時間ごとに数分ずつ稼働させる。