【ナイロビ共同】ロイター通信によると、南アフリカの故マンデラ元大統領の前妻ウィニー・マンデラさんが2日、死去した。81歳だった。死因は明らかになっていないが、遺族の広報担当者によると、体調不良で入退院を繰り返していた。

 1936年生まれ。58年、反アパルトヘイト(人種隔離)闘争に参加していたマンデラ氏と結婚。27年半にわたって「監獄島」と呼ばれたロベン島などに投獄されたマンデラ氏をサポート、自らも闘争に加わった。

 マンデラ氏が90年に釈放された際、群衆の前に2人で両手を掲げて現れた写真が、人種隔離撤廃の象徴となった。96年、異性関係などが原因で離婚。