愛知県が、昨年夏に名古屋港で見つかったアリを国内初の外来種「ブラウジングアント」と確認し、今月下旬から地元自治体と駆除対策を実施することが20日、分かった。駆除のための補助金を受けられる「特定外来生物」に指定するよう国に求めている。

 ブラウジングアントは南欧原産。ヒアリのように毒針で刺すことはないが、繁殖力が高く、オーストラリアでは生態系に大きな影響を与える「侵略的外来アリ」に位置づけられている。

 ブラウジングアントが見つかったのは昨年7月。