【ワシントン共同】米ホワイトハウスは24日、トランプ大統領がシンガポールで6月12日に予定されていた史上初の米朝首脳会談を取りやめたと発表した。トランプ氏は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に24日付の書簡で中止を通告、北朝鮮側の「敵対的な言動」を理由に挙げた。北朝鮮が核保有国としての対等な立場を譲らず、非核化に向けた交渉で対立が埋まらなかったようだ。米朝関係が再び緊張に向かうのは必至だ。

 北朝鮮は24日、北東部豊渓里の核実験場で坑道などを爆破、全面廃棄を発表したばかりだった。会談中止通告に反発し、軍事的な挑発行動に出る恐れもある。