【ヘルシンキ共同】トランプ米大統領は16日、ロシアのプーチン大統領とフィンランドの首都ヘルシンキで会談後、共同記者会見し、2016年米大統領選にロシアが介入したとの疑惑を全否定するプーチン氏の立場に同調する考えを表明した。介入があったとする米中央情報局(CIA)など自国の情報機関の結論を現職の米大統領が支持しない異例の事態となった。

 ロシア介入疑惑の捜査では、米連邦大陪審が13日、民主党陣営にハッキングしたとしてロシア情報機関の当時の当局者ら12人を起訴したばかり。プーチン氏の肩を持つようなトランプ氏の発言に、米与野党の有力議員は「弱腰」と猛反発した。