【ロサンゼルス共同】米西部ワシントン州シアトルのシアトル・タコマ空港で10日夜、民間機1機が管制塔の許可を得ないまま離陸、約65キロ離れた島で墜落した。航空会社によると、操縦していたのは地上サービスを担当する従業員の男(29)で、死亡が確認された。乗客や乗員はおらず当局はテロではないと断定した。男が民間機を盗んで自殺を図ったとみられている。

 米メディアによると、墜落した民間機は76人乗りのボンバルディアQ400。アラスカ航空傘下のホライゾン航空が所有していた。

 米運輸安全委員会(NTSB)や米連邦捜査局(FBI)などが男の勤務状況や墜落原因を調べている。