【西帰浦(韓国・済州島)共同】韓国海軍が南部済州島で行った国際観艦式で11日、米海軍の原子力空母ロナルド・レーガンをはじめ10カ国の外国艦船が海上パレードに加わった。ただ、日本は韓国側から旭日旗の掲揚自粛を要請され参加を見送ったほか、中国も直前に不参加を決めた。

 中国が参加しなかった詳しい理由は明らかになっていない。観艦式に関連して12日に開かれるシンポジウムには、村川豊海上幕僚長や中国の代表団も出席する。

 韓国海軍の艦隊に先導され、ロシアやオーストラリアなどの外国艦船が済州島南方、西帰浦の港の前を航行した。