政府が成長戦略の柱に掲げる訪日観光で、クルーズ船利用者が伸び悩んでいる。今年はほぼ前年並みで推移し、年間300万人には届かないペース。このままでは「2020年に500万人」の目標達成に黄信号がともる状況だ。

 クルーズ船客は過去4年間、年25万〜87万人増え、17年は253万人に達した。だが今年1〜9月は、昨年同期比で5万人増の197万人(速報値)止まり。1〜5月は計15万人増と堅調だったものの、6〜9月が計10万人減となった。

 主因は台風、豪雨で相次いだ欠航や寄港中止など。