原子力規制委員会は14日、東大や京大、近畿大、研究機関の計13事業者に対し、管理する研究用原子炉などを常時利用する学生らの身元確認を義務付ける規則改正案を了承した。確認項目には犯罪歴などが含まれる。