【ウィーン共同】東欧スロバキアで16日、大統領選が行われた。事前の世論調査では、中道リベラル派政党副党首の女性弁護士、ズザナ・チャプトバ氏(45)が優位になっている。ただ、当選に必要な過半数を得票するのは厳しい情勢で、上位2候補が30日の決選投票に進むとみられている。

 大勢判明は17日未明(日本時間同日午前)の見通し。

 大統領は直接選挙で選ばれ、任期は5年。首相任命などに当たるが権限は限定的。スロバキアでは昨年2月、政界と犯罪組織の癒着疑惑を追及していたジャーナリストが殺害されるなどしており、与党の汚職体質に市民の反発が強まっている。