【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、最高人民会議(国会)の第14期第1回会議が4月11日、平壌で開かれると伝えた。3月10日に5年ぶりの代議員選挙が行われて初めての開催。金正恩朝鮮労働党委員長が新たなポストに就くなどし、指導体制の改編を図るとの見方が出ている。

 核問題を巡り2月末の米朝首脳会談が事実上決裂したことを受け、金氏が新たな外交方針を打ち出すかが注目される。側近がモスクワを訪問中とみられ、金氏がロシアとの関係強化のため最高人民会議前にもロシアを初めて公式訪問するとの観測も浮上している。