【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は27日、トランプ米大統領がイスラエル占領地ゴラン高原のイスラエル主権を承認した問題について話し合う公開の緊急会合を同日開くことを決めた。ゴラン高原を領有するシリアが26日、会合開催を要請していた。

 シリアには、米国とイスラエルを孤立化させる狙いがある。

 米国とイスラエルを除く国際社会は、ゴラン高原のイスラエル主権を認めていない。安保理は1981年、ゴラン高原をシリア領と認め、イスラエルによる併合決定を無効とする決議を全会一致で採択した。