【北京共同】北朝鮮を公式訪問した中国の習近平国家主席は20日夜、平壌で金正恩朝鮮労働党委員長主催の歓迎夕食会に出席した。習氏訪朝のために特別に準備されたマスゲーム・芸術公演も観覧。中朝首脳の親密ぶりを演出した。両国メディアが伝えた。習氏は21日、2日間の訪朝日程を終え、帰国する。

 北朝鮮メディアは21日朝になって習氏の到着や首脳会談を大々的に報じた。両首脳は率直な雰囲気の中、朝鮮半島情勢を含め幅広く意見交換したとし、「国際、地域情勢で深刻で複雑な変化がある環境で、両国の関係発展が地域の安定につながる」との認識で一致したと伝えた。