治療が困難な膵臓がんに対する薬剤の有効性や安全性を調べる治験の費用の調達を、インターネットで資金を募るクラウドファンディングで進めていた関西医科大(大阪府枚方市)は9日、当初目標の1千万円の約3.5倍に当たる約3520万円の寄付が集まって終了したと明らかにした。

 6月に1千万円を目標に支援を募ると、2日で達成。目標額を2500万円に引き上げた。募集を終えた今月8日までに、約1700人が寄付をした。

 集まった資金は研究データの管理費や人件費などに使う。180人の患者を対象に全国32カ所の医療機関で治験し、新しい手法と通常の手法とで有効性を比較する。