【エルサレム共同】イスラエル軍は12日朝、パレスチナ自治区ガザを空爆し、過激派「イスラム聖戦」の司令官を殺害した。報復としてガザからイスラエルに多数のロケット弾が発射されており、戦闘への発展が懸念される。