【ブラジリア共同】ブラジリアで14日、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカによる2日目の新興5カ国(BRICS)首脳会議が開かれ、実質討議が行われる。首脳宣言を採択し、同日午後(日本時間15日未明)に閉幕の予定。

 ことしの議長国ブラジルによると、科学技術分野での協力や汚職・テロとの戦いなどがテーマ。1月に同国で親米派の右翼ボルソナロ政権が誕生して初めての首脳会議で、米国の対抗軸を目指すとされるBRICSの結束を保てるかどうか注目されていた。

 初日の13日には議長国ブラジル主催の5カ国首脳の夕食会が開かれた。