【ダボス共同】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が21日、スイス東部ダボスで開催されている世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)に参加し、環境問題への関心の高まりを評価しつつも「二酸化炭素(CO2)排出量がほとんど減っていないなど、ほとんど何も成し遂げられていない」と述べ、気候変動への対処に具体的な成果を求めた。

 グレタさんは「科学を重視して(気候変動の)危機を、あるがままに認識するようにし始めなければならない」と、現実を直視して取り組みを強化するよう訴えた。