【パリ共同】フランスの2020年版のミシュランガイドで長野県諏訪市出身の小林圭さん(42)のレストランが三つ星を獲得し、現地メディアは27日、「歴史をつくった」と大きく報じて日本人シェフとして初の快挙を称賛した。

 フランス紙ルモンドによると、フランス人以外で三つ星を与えられた料理人は少ない。同紙は「ただでさえ難しい挑戦なのに外国人で成し遂げるのはより大変だろう」と指摘し、小林さんの偉業をたたえた。

 主要メディアは小林さんが幼いころ、日本のテレビ番組で取り上げられた三つ星シェフに憧れ、フランス料理人を志したエピソードを伝えた。