無料通信アプリのLINE(ライン)は14日、新型コロナウイルスによる肺炎の集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客と乗組員に向けに、薬の要望や医師への電話相談予約などを受け付ける専用の公式アカウントを設置したと発表した。乗客らと船外の関係各所をつなぐチャンネルとして活用できるという。

 アカウントは「厚生労働省コロナウイルス対応支援窓口」。厚労省がアカウントをあらかじめ「友だち」に登録している「iPhone(アイフォーン)」2千台を船内に提供した。

 薬に関しては要望内容を基に薬剤師が対応する。言語は日本語と英語を選択できる。