【ロンドン共同】15日付英紙タイムズは、ジョンソン英首相が今月中にも行うとみられていた訪米計画を「棚上げした」と伝えた。英政府は第5世代(5G)移動通信システムに中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製機器の採用を容認しており、排除を求めるトランプ米大統領との衝突を懸念し先送りしたとみられている。

 トランプ氏との会談は、6月の米国での先進7カ国首脳会議(G7サミット)まで実現しない見込みだという。

 ジョンソン氏の訪米日程は公式に発表されていなかったが、昨年12月の総選挙での大勝を受け、今年1月にも実施するとの情報があった。