【ロンドン共同】ノーベル平和賞受賞者でパキスタン出身のマララ・ユスフザイさん(22)と、地球温暖化阻止を訴える若者の世界的運動に火を付けたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)が25日、英オックスフォード大で会い親睦を深めた。

 英メディアによると、2人が会うのは初めてとみられ、それぞれの活動について意見交換した。

 オックスフォード大に通うマララさんはツイッターに「私が学校をサボるのは彼女という友人のためだけ」と投稿。グレタさんもすぐさまツイッターに「今日、私の模範となる人に会いました」と応じ、ベンチに腰を掛ける写真をそれぞれが公開した。