新型コロナウイルスの感染が広がる中国・武漢から日本政府のチャーター機第5便で帰国し、陰性と確認された邦人ら63人が3日、一時滞在していた税務大学校(埼玉県和光市)から退去した。

 第5便は2月17日に羽田空港に到着。帰国した邦人らは税務大学校の個室で12.5日の経過観察期間を過ごしていた。これで1〜5便のチャーター機で帰国し、国の施設などに滞在していた全員の退去が終わった。