新型コロナウイルス感染症の検査や治療に当たる医師を対象にしたアンケートで、回答した172人のうち約9割が感染リスクに不安を覚えていることが14日、分かった。勤務医でつくる労働組合「全国医師ユニオン」が東京都内で記者会見し発表した。「時間外手当がない」と答えた人は2割以上で、法律に違反しかねない待遇で働いている現状も明らかになった。

 自身の感染リスクで「不安がない」と答えた人は約11%で、残りは「かなり不安」「少し不安」などと回答。

 治療をする際に求めることは「感染防護具の十分な供給」が約94%と最多だった。アンケートは4月24日〜5月6日に実施した。