【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、中国による香港への国家安全法制導入の動きに対する米国の措置について「今週中に分かる。強力なものになると思う」と表明した。ホワイトハウスで記者団に語った。詳細は明かさなかったが、ブルームバーグ通信によると、中国当局者や企業に対する資産凍結や取引規制などの制裁案を検討しているという。

 マクナニー大統領報道官は26日の記者会見で、トランプ氏が、中国による香港を巡る対応を「不満に思っている」と説明。香港について「中国が乗っ取れば世界的な金融の拠点としての地位を保てるとは思えない」と考えていると指摘した。