エーザイは1日、過剰な免疫反応「サイトカインストーム」を抑える作用がある新薬候補「エリトラン」が新型コロナウイルス感染症に効果があるかどうかを確認するため、米国の複数の医療機関で臨床試験(治験)を実施すると発表した。近く投与を始め、早ければ年末までに結果が出る見通し。

 エリトランは、重症敗血症治療薬として開発していた2011年に、目標の基準に達しなかったとして治験を中止した経緯がある。エーザイは、新型コロナによる炎症や重症化を抑える効果が期待できるとしている。

 エーザイは今後、日本を含む世界各国に対象を拡大して最大500人に治験を行う予定。