【ワシントン共同】米大統領選の民主党候補バイデン前副大統領(77)の陣営は21日、17〜20日の党大会期間中に7千万ドル(約74億円)の献金を集めたと発表した。最終日のバイデン氏の党候補指名受諾演説は米メディアの評価も高く、勢いを示した。黒人女性初の主要政党の副大統領候補ハリス上院議員(55)の効果もありそうだ。

 共和党は24〜27日にトランプ大統領(74)、ペンス副大統領(61)を候補指名する党大会を開催し、選挙戦は9月上旬から終盤戦に突入する。

 バイデン陣営によると、4日間の民主党大会をテレビやネットの中継で視聴したのは1億2200万人以上だった。