人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の筋肉の細胞を重い心臓病の患者に移植する慶応大の研究チームの臨床研究計画について、厚生労働省の専門部会は27日、実施を了承した。臨床研究を行う慶応大の福田恵一教授は記者会見し「2020年内に最初の移植を行いたい」と話した。

 計画は、京都大が備蓄しているiPS細胞から心臓の筋肉(心筋)の細胞を作り、球状の塊にして重い心臓病「拡張型心筋症」の患者3人に特殊な注射で約5千万個を移植する。移植細胞が周りの心筋細胞と一緒に収縮することが期待できるという。1年かけて安全性や効果を確かめる。