名古屋大は27日、英科学誌ネイチャーに掲載された次世代炭素材料に関する論文の実験データに疑義があり、経緯や研究不正の有無を調べる調査委員会を設置したと明らかにした。論文は今月25日付で撤回された。