【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は18日、インターネット上で米団体と交流し「米側が中国側と向き合って進むことを望む」と述べ、来年1月の米政権交代をきっかけとした関係改善に期待をにじませた。米国との相違は建設的に処理する考えを強調する一方で、主権を巡る問題では譲らない姿勢を示した。中国外務省が発表した。

 トランプ米政権には、香港情勢を巡り新たな対中制裁に踏み切るなど、米国内で勢いを増す対中強硬論を背景に、バイデン次期大統領の対中外交を縛る思惑も見える。

 王氏は米国との相互尊重を前提に、両国関係を安定的に発展させる戦略的な枠組みの再構築が必要と指摘した。