【ワシントン共同】バイデン米大統領は21日、新型コロナウイルスの拡大阻止に向けた新たな国家戦略を発表し、ワクチン接種拠点の拡大や国民への啓発活動に全力を挙げると表明した。バイデン氏は、航空機など州をまたぐ公共交通機関でのマスク着用や米国入国者の事前の検査を義務付ける大統領令などの複数の文書に署名した。

 ハリス副大統領は同日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と電話会談し、新型コロナ対策で協力したい考えを伝えた。バイデン政権は20日、トランプ前政権がWHOに通告した7月脱退に向けた手続きを停止したばかり。