藤田医大(愛知県豊明市)は4日、国内初のロボット自動PCR検査システムを搭載したコンテナを報道陣に公開した。検体投入から80分で新型コロナウイルスの検査結果が判明し、一日最大2500件の処理が可能。3月までに本格運用を始める予定という。

 検査に関わる医療従事者の感染リスクを下げ、結果が出るまでの時間を大幅に短縮できる。

 システムは川崎重工業などが開発し、豊明市の藤田医大病院の敷地内に設置された。

 藤田医大によると、人による作業では、検査結果が出るまで数時間かかっていた。本格運用が始まると、藤田医大だけで一日最大4千件のPCR検査が可能になる。