【ワシントン共同】バイデン米大統領は4日、ミャンマー国軍に権力放棄とアウン・サン・スー・チー氏らの解放を求めた上で、軍事クーデターの「責任を取らせる」と改めて警告した。国務省での演説で述べた。これに先立ち、サリバン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はホワイトハウスで記者会見し、国軍側に対する独自制裁を検討していると述べた。

 サリバン氏は、ミャンマーに対する制裁については「超党派の合意が存在している」と語り、議会の理解を得ることに自信を示した。国軍の指揮下にある個人や団体を対象にどのような制裁が可能かを精査していると述べた。