【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信によると、李炳哲朝鮮労働党書記が25日のミサイル発射実験を視察し「朝鮮半島に存在する軍事的脅威を抑止する上で大きな意義がある」と述べた。金正恩総書記は立ち会わなかった。