近畿2府4県などでつくる関西広域連合は22日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議をオンラインで開いた。政府が大阪、兵庫、京都、東京に緊急事態宣言を発令する流れの中、「関西圏の医療体制は危機的状況」にあるとし、関西全体で感染拡大の防止徹底に取り組むことで一致した。

 また、緊急事態宣言を要請した大阪と兵庫、京都では、むやみに外出しないことや、飲食店での酒類提供の禁止、イベントの延期・自粛などを守るよう呼び掛けた。

 広域連合は感染拡大の要因として、感染力の強いウイルスの変異株の影響が大きいと指摘した。