大阪府は20日、新型コロナウイルスに501人が感染し、基礎疾患のない30代男性を含む32人が死亡したと発表した。4月下旬に発症した60代男性がインド変異株に感染していたことも明らかにした。男性は最近の海外渡航歴がなく感染経路は不明。府内でのインド株確認は2例目で、市中感染の疑いがあるという。

 府によると、新たな重症者は25人。入院中の重症者は計372人で、府が確保した重症病床数を上回っており、うち38人が軽症・中等症病床で治療を継続している。

 吉村洋文知事は20日、緊急事態宣言期間に関し「来週の対策本部会議で再延長要請をするかを含めて議論する」と述べた。