【ワシントン、ソウル共同】バイデン米大統領はホワイトハウスで21日(日本時間22日)、韓国の文在寅大統領と初めて会談した。両氏は北朝鮮情勢への「深い懸念」で一致。トランプ前大統領が2018年の米朝首脳会談で署名したシンガポール共同声明など過去の合意を土台に朝鮮半島の非核化へ連携し、「緊張を緩和するための現実的な措置」を目指すことを確認した。共同記者会見で明らかにした。

 会談では、バイデン政権が強硬姿勢を強める中国との問題も協議。会談後に発表した共同声明で「台湾海峡の平和と安定を守る重要性を強調する」として名指しを避けながら中国をけん制した。