東京都は29日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開き、専門家が都内の入院患者数は6月下旬からの1カ月で倍増の3千人近くに上り、「医療提供体制の逼迫が始まっており、危機的な状況になりつつある」との見解を示した。現在の増加ペースが続いた場合、東京五輪閉会後の8月11日時点で直近7日間を平均した1日当たりの感染者が4532人に上るとの試算が示された。

 小池百合子知事は会議後、報道陣から東京五輪の開催が人出の抑制を妨げている可能性を問われ、「逆だ」と強く否定。「テレビの視聴率が如実に示している。人の流れも減少している」として改めて自宅での観戦を求めた。