【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記の妹、金与正党副部長は1日、談話を出し、米韓が例年8月に行ってきた合同軍事演習の中止を改めて要求し「再び敵対的な戦争演習を行うのか、大きな勇断を下すのか鋭意注視している」と強くけん制した。朝鮮中央通信が伝えた。

 南北は先月、金正恩氏と韓国の文在寅大統領が親書交換を通じて関係改善の必要性で合意したと発表、南北間の通信回線を復旧させたばかり。北朝鮮は米韓演習への対応を踏み絵と位置付け、文政権に揺さぶりをかけた形だ。

 与正氏は米韓演習について「われわれは規模や形式について論じたことはない」と述べ、完全中止を要求した。