日本医師会(日医)の中川俊男会長は18日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルスの中等症患者向けに、イベント会場などを利用した臨時の医療施設を整備すべきだとの考えを表明した。

 場所としては、イベント会場以外に、体育館や企業が所有する研修施設などを想定。実際の運用は自治体が担う前提で、各地の医師会が医療人材の手配を協力するという。中川氏は、場所の確保に向け、経団連と調整を進めていることも明らかにした。

 また「学校の部活動を通じたクラスターも少なくない」と指摘。夏休み後の新学期以降、児童・生徒向けの具体的な対策を、早急に講じるよう文部科学省に求めた。