【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は7日、朴正天・前朝鮮人民軍総参謀長が党政治局常務委員と党書記に選出されたと報じた。新型コロナウイルス対応を巡り6月に政治局常務委員を解任された李炳哲氏に代わって党中枢入りし、金正恩総書記を除く軍序列でトップに就いた形だ。

 軍総参謀長の後任には情報機関トップの偵察総局長を務めていたリム・グァンイル氏が就任。党軍需工業部長に劉進・前副部長、警察トップに当たる社会安全相に軍出身の張正男氏が起用された。3人は政治局員候補に補選された。

 政治局常務委員会は正恩氏を含む5人体制で、党の中枢メンバーと位置付けられる。