がん免疫治療薬「オプジーボ」をはじめとする「免疫チェックポイント阻害剤」について、免疫細胞内にあり、細胞のエネルギー生産工場とも呼ばれるミトコンドリアを活性化させると薬の有効性が高まると、京都大の杉山弘教授(ケミカルバイオロジー)らのチームが14日付の国際科学誌電子版に発表した。

 オプジーボは、がん細胞を攻撃する免疫細胞が機能するのを助ける働きがある。

 チームはミトコンドリアの合成に不可欠な遺伝子の働きを強める化合物を作製。オプジーボと同様の仕組みで働く薬とともにがんを発症したマウスに投与、ミトコンドリアの機能が高まったり免疫細胞の数が増えたりした。