【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は訪問先のローマで29日、国連専門機関などへの台湾の参加を支持するよう米国が各国に呼び掛けていることに対して「世界に中国は一つしかない。まかり通るわけがない」と反発した。ただ目指すのは台湾の「平和的な統一」だとも言及。武力行使を懸念する国際社会を意識した最近の抑制的な発言の一環とみられる。

 王氏のコメントを中国外務省が発表した。「台湾は中国の領土だ。国際法上、台湾には中国の一部分としての地位しかない」と主張。「米国などが台湾問題で突破を図ろうとしている。そのまま進むなら必ず代償を払うことになる」とも警告した。