静岡県とNECなどは6日、富士山登山客の新型コロナウイルスワクチン接種歴や体調を、顔認証システムで確認する実証実験を静岡県裾野市で行った。入山手続きをスムーズにし感染拡大を防ぐ狙い。早ければ2022年度に登山口に導入する。

 実験参加者はスマートフォンの専用アプリに顔写真や健康状態、ワクチン接種記録、PCR検査の陰性結果を事前に登録。入山時、顔認証だけで本人確認し通過できる。

 この日はトレッキングツアーに訪れた約30人が参加。マスクを着けたままタブレット画面に顔を近づけると数秒で認証が完了した。