【台北共同】台湾軍は18日、南西部嘉義県の空軍基地で改良型戦闘機「F16V」を運用する部隊の発足式を開いた。蔡英文総統が出席し「国防力が一層強化された」と意義を強調。台湾防衛産業の人材育成や、生産能力の発展を図る考えを表明した。

 台湾は世界屈指の軍事力を持つ中国軍の弱点を突いて消耗させ、侵略を阻止する「非対称の戦闘」を想定し、戦闘機や艦船、ミサイルを増強。米国からの武器購入と同時に自主開発も急ピッチで進めている。

 台湾軍は米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンなどの協力を得て、「F16A」と「F16B」計141機の性能向上を図ってきた。