【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国で新型コロナウイルス感染による死者は12日、累計79万7千人を超え、世界最悪の80万人に迫った。首都ワシントンでも同日、新変異株オミクロン株の感染者を初確認。本格的な冬の到来でデルタ株を含め感染拡大が懸念される中、バイデン政権はワクチン接種義務化で接種率を上げたい考えだが、保守派を中心に反発は根強い。

 同大によると、米国の感染者数は累計約4992万人で世界最多。米メディアによると、全米50州のうち半数以上でオミクロン株感染者を確認した。