新型コロナワクチン接種の電子証明書の運用が20日、始まった。証明書取得に必要なスマホ用アプリがダウンロード可能となった。アプリを操作すれば自動で発行され、スマホ画面で確認できる仕組み。運用を担うデジタル庁は、緊急事態宣言時でも行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」での使用を主に想定している。

 アプリの名称は「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」。アップルの「iOS」とグーグルの「アンドロイド」に対応している。アプリを操作して取得申請する過程でスマホにマイナンバーカードをかざし、カード取得時に決めた4桁の暗証番号を入力する。成り済ましを防ぐ狙いだ。