【ワシントン共同】オースティン米国防長官は2日、新型コロナウイルス検査を同日受けて陽性だったと明らかにした。自宅で症状が出たため検査を要請したという。感染したのが新変異株「オミクロン株」かどうかは不明。症状は軽く、疾病対策センター(CDC)の指針に従い、今後5日間は自宅で隔離措置を取るとしている。

 オースティン氏によると、ワクチン接種を完了しており、昨年10月に追加接種も済ませていた。隔離中は、国防長官としての権限は維持したままオンラインで会議などに参加する。

 バイデン大統領と最後に会ったのは12月21日で、症状が出る1週間以上前だったという。