日本の民間人として初めて国際宇宙ステーションに滞在し、先月、地球に帰還した衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前沢友作さんが7日、日本外国特派員協会で記者会見し「(宇宙の)無重力をなめていた。地球の重力がこんなに重かったと再認識した」と述べた。

 前沢さんはロシアの宇宙船に搭乗し、昨年12月9日未明にステーションに到着した後、約12日間の宇宙旅行を楽しんだ。既に日本に帰国しており、2023年には月の周回飛行を計画している。前沢さんは「今年の早い段階で(同行する)最終メンバーをお披露目できる機会が来ると思う」と話した。